取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(PS)
2009年04月28日 (火) | 編集 |
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たちドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
PlayStation(2000/08/26)
商品詳細を見る

王子に始まり王子に終わる
<RPG>
・全体評価  
・お気に入り度


このドラクエ7は、PSで一番最後にプレイしたソフトでした。また、決してドラクエ7のせいではないのですが、以後6年近く、RPG作品に触れることなく過ごしたこともあり、思い出に残っている作品です。
本作は、ドラクエシリーズの7作目にして、PSで最も売れたタイトルだそうで。FF7より売れていたのは意外にも思えましたが、そういえばSMAP全員をCMに起用して大々的に宣伝していた記憶があります。
その力の入れようを体現するが如く、本作は驚きの大ボリューム。ラスボスにたどり着くまでに最低限100時間は必要ですし、自分はクリアまでに一年の歳月を要しました。


結論から言うと、充分楽しめる内容でしたが、ドラクエシリーズの正規ナンバリングタイトルであることをふまえると、どうしても評価がシビアになってしまちがちかなあと。値段分の魅力は充分にありますが、ドラクエとしては少々インパクト不足だったのでは……。
新しい街を解放するのは楽しいし、しっかりワクワク感は存在するのですが、全体的にこじんまりしていて、細かい作業をきっちり埋めていくのが得意な人向けのようにも感じられました。
付随して、それぞれの街で体験する数々のエピソードは、喜怒哀楽に溢れた素晴らしいものなのですが、何しろ数が多く、しかも一話完結型であることも手伝って、どうしてもひとつひとつの印象が薄くなってしまったような気がします。実際、今となってはあまり思い出せない。強く印象に残っているのは、とにかく某王子のことばかりで。この点はちょっと勿体無くも思えます。


自分はかなり満足した口なのですが、「ふしぎな石版」を集め、過去と現在の街を行き来することで、歴史を変えていく内容は、一見斬新であるはずなのですが、先にクロノクロスをプレイしてしまっていたがため、なんとも既視感を拭えない羽目に。
クロノクロスの概念とは厳密には異なっているのですが、同一のマップを二度クリアする必要があるシステムは、どうしてもクロノクロスを思い出してしまってですね。せっかくのアイデアだったとは思うのですが、残念ながら若干かぶっちゃってたかなあとも思うのです。
※)未プレイではありますが、すでに前作ドラクエ6で、パラレル世界を行き来するシステムを採用しているので、どちらが先行という話ではなく、単純に自分がプレイした順番による印象です。


しかし、そこはドラクエシリーズ。
その他のシステム部分は、さすがの安定感!お馴染みの転職システムや戦闘システムは、単純ながら秀逸で、最後までストレスなくプレイすることができました。ストレスなく、というよりは、文句なしに楽しく、ドラクエの底力を再確認したものです。
また、普段あまりコレクター要素には手をつけないのですが、ドラクエ7の「モンスターパーク」と「移民の街」は、例外的に楽しみました。どちらも街がだんだん大きくなっていくのが嬉しくて。こういう目に見える成果は嬉しいですね。


当時のFFシリーズに逆立ちしてもかなわないレベルのムービーが、申し訳程度に流れもしますが、ドラクエユーザーはそこには何の期待もしていないので、むしろ無問題。
派手さはないものの、丁寧に作られている良心的な作品だと思います。



そしてドラクエ7といったら触れずにはいられない某王子については、ネタバレにつき、続きから。



[READ MORE...]
スポンサーサイト

BIOHAZARD2(PS)
2009年04月28日 (火) | 編集 |
バイオハザード2 デュアルショックVer.バイオ・ハザード2
PlayStation(1998/01/29)
商品詳細を見る

サバイバルホラーから純正アクションゲームへ
<アクション>
・全体評価  
・お気に入り度


一作目のヒットを受け、シリーズ化の運びとなったバイオハザードの二作目。
謎の洋館に閉じ込められ、敵の正体や怪異の原因が全く分からない状態でサバイブしなくてはならなかった初代に比べ、この2は、プレイヤーが最初からそれらの情報を持っているわけなので、恐怖度はかなり減少しています。そのかわり、アクション性は大幅up。「生き残るための戦い」というよりは「殲滅戦」という方が相応しい内容になり、大幅に派手さが増したように思えます。
主人公2人&ザッピングシステムのおかげで何周も楽しめ、ボリュームの点も申し分なし。ザッピングシステムは、一方のシナリオにもう少し劇的な影響が見られると面白かったと思ったり。


ゲームスタート後、いきなり主人公たちは、T-ウイルスによって住人がゾンビ化した炎のラクーンシティ市街に放り出されますが、得体の知れない不気味な洋館にわけも分からず閉じ込められてしまった1に比べ、なんて開放感のあることか。この時点で、前作との方向性の違いに気付くことができます。
ゾンビ集団に襲われた主人公は、コリャたまらんと警察署に避難しますが、もちろんのその警察署もゾンビの巣に成り果てていました、という素敵なお約束発動。二作目ともなると、むしろゾンビが出てくるとワクワクしてしまうのだから困りモノ。気分はハンターです。

さてさて、この2では早速主人公が交代になり、レオンとクレアという若者2人が新たに登場。
気力体力が最も充実した年齢の青年男子であり、なおかつ、新任ながら一応警察官として訓練を積んでいるはずのレオンはともかくも、一般女子大生ながら、ゾンビだらけの地獄を立派に生き抜いちゃうクレアはスゲー存在です。さすがクリスの妹。レッドフィールド一族、恐るべし。
あと、前作ラストでせっかく主人公たちを助けてくれたブラッドが無残な最期を遂げているのには、涙を禁じえない部分もありつつ。



敵の中では、アリゲーターとゴキブリの大群が嫌でも印象に残っています。
そして、愉快という点で外せないのが追跡者。コート一枚でどこまでも追いかけてくるその姿は、どう見てもただの変質者です。
追跡者といえば、廊下で壁をぶち抜いて襲い掛かってきますが、戻って元の部屋の中に逃げたところ、奥の壁を破壊して到来!また廊下に出るも、同じ壁から急襲!の繰り返しになり、「ああ、どうあってもこの場で戦闘しなくちゃなんないのか…」とようやく覚悟を決めましたが、なんていうか、このしょーもない鬼ごっこに、クロックタワーを思い出さずにはいられなかったというか。



和と洋のホラー要素が絶妙にマッチした1が衝撃的すぎたため、思い入れは前作に劣ってしまうのですが、ゲームとしては文句なしの大作だと思います。




クロノクロスサントラ
2009年04月14日 (火) | 編集 |
先日お土産で頂いた(ありがとうございます!)クロノクロスのサントラを聞いている毎日ですが、いやーほんと、引き込まれまくりです。

お恥ずかしながら、CD-ROM媒体以降のゲーム音楽は、通常のCD音源と同じものだとこれまで思っていたのですが、容量制限があることを、初めて知りました。
しかも、クロスの音楽を作曲した当時、光田氏が20代前半だったっていうのはMAJIなの。ってことは、トリガー作曲した時は、23歳やそこらだったわけで。鬼才という言葉を身をもって知った気分です。
死海の曲とか大好きだわー。素晴らしすぎて打ち震えます。

DSでリメイクの希望も根強いみたいですが、DSのスピーカーでは到底この音楽を活かしきれないと思うし、クロスはやっぱりPSでこそだと思います=333



WILD ARMS Advanced 3rd(PS2)
2009年04月06日 (月) | 編集 |
ワイルドアームズ  アドヴァンスドサードワイルドアームズ アドヴァンスドサード
PlayStation2(2002/03/14)
商品詳細を見る

社会人泣かせ
<RPG>
・全体評価  
・お気に入り度


タイトルが語る通り、WAシリーズの第三弾にして、初のPS2ソフト。
シリーズの特色でもあるウェスタンな雰囲気は前2作を上回っており、豊富な隠しボスや荒野を渡る音楽も健在。安心して遊べるWAシリーズの名に恥じぬ、安定した作りになっていると思います。


が。

やりごたえのある正統派RPGであるがゆえに、ゲームの電源を入れた直後、昨晩どこまで進めたのかなかなか思い出せずに立ち往生してしまうモウロク社会人には、どえらく厳しい一本。

WAといえば、グッズを使った謎解きで御馴染みですが、WA3では、この要素が前2作に比べ、大幅にパワーアップ。というかもう発狂レベル。
しかもさらにしんどいことに、今作はエンカウント率が少々高め。謎解きの最中でも普通にエンカウントが発生するので、試行錯誤中に戦闘に突入してしまい、戦闘明け、どこまで進めていたのか分からなくなる&方向感覚を失うの悲しいコンボを見舞われます。
ウロウロしていると再びエンカウントに捕まるという永遠リピート状態で、息切れ必至。

もうこのあたりは、集中力の欠落というか記憶力の減退というか、脳味噌の劣化ぶりを嘆くしかありません。


完全に泣きが入ったのは、ラスダンのナイトメアキャッスル。
しんどすぎる。
特に、暗闇の中を進むセクションと、消える床から落ちずに進むセクションの2つ。
前者をどうにかこうにかクリアした直後に、後者の仕掛けに出会った時は、もう待ち構えるボスが強かろうが何だろうが、無言で突撃決定です。
【一人きりの部屋で、苛立ちの余りコントローラーを床に叩きつける人】なんてのは都市伝説の中でのみ存在するのかなとそれまで思っていましたが、リアルでこの行動を取ってしまう始末でありました。
ギブアップしようかと本気で悩んだよ。


このアクション+パズルという二つの要素は、解ける人は簡単に解ける、解けない人は永遠に解けない、という両極端な面があるため、なかなか調整が難しいポイントだと、改めて痛感しました。


しかし、裏を返せば、それだけしっかりと作られているRPGであり、気が短くない人・ヒラメキ能力が備わっている人・心に余裕のある人には無条件でおすすめできる、お手本作品と言うこともできます。


環境部分はむしろ良心的な部類。
WA3をプレイしたのはごく最近のことなのですが、7年前にリリースされたソフトとは思えないほどのノンストレスぶりです。
セオリー通り、セーブは街など決められた場所でしかできませんが、1ギミルコインは腐るほど手に入るので、事実上、どこでもセーブ可能。
巷では大いなるマイナスポイントになっているらしいノンボイスも、むしろ自分のペースで進められるので全く気になりませんでした。


まあしかしこのWA3、途中で一度プレイを中断し、一年後に再開したはいいものの、ゲームシステムをすっかり忘れていたため、地獄を見ることになりました
まず次にどこに行っていいのか分からず、戦闘のコツも忘却の彼方だったため、フィールドの雑魚的に撲殺され続け、全く進まない有様。ジリ貧状態に陥っていることはなんとなく分かるのですが、宿屋の宿泊代も高額で、気軽には利用できないレベル。花園を見過ごしていたので、回復アイテムもない。
WA3は、中盤までが一番しんどいです。
ボスより雑魚の方が強いのも特徴。ボスは良心的とすら言えますが、雑魚敵は一撃で体力の半分持っていきますからね!



◆移動手段には事欠きません

あと、今回は乗り物もたくさん用意されていて「陸:馬」「海:砂上艇」「空:ロンバルディア」と、バラエティ豊か。
特筆すべきは、海や空でもエンカウントが発生するところではないでしょうか。
従って、砂上艇やロンバルディアでも戦闘を行うことができますが、どれも操作が単調で、もう少し味付けがあれば、より楽しめたように思えます。ゼノサーガをやってしまうと、どうしてもこの部分は物足りなくなってしまう。
特に砂上艇は、砲さえ最強にしてしまえば、ほぼ無敵状態。砂上艇といえば、最初行動の遅いクライヴが砲撃手になっていて、一向に攻撃が回ってこず、叩かれ放題になってしまったという痛い思い出が。

あと、「荒野を走る鉄道」というモチーフが世界観作りに一役買っていたと思うので、その鉄道を利用する機会があまりなかったのは、ちょっと勿体無い部分。



◆苛立ちを越えた者のみが手にすることができる『やりごたえ』

・従来の作品に比べ、ミーディアムの種類が少なくて残念。
・旅の目的が明確化する中盤まで、似たような遺跡ダンジョンばかりが続き、モチベーション維持が少々困難。そのおかげで、一年間放置してしまいました…
・常に視界を回転させて360度チェックを入れなければならず、ただでさえ方向感覚を見失いがちなのに、中盤までマップ表示なしで進むので、もう毎回迷子。
・アルカナ(魔法)をターンごとに付け替えることができるシステムは、便利な一方、めんどくさい。
・ジェットとクライヴでマテリアル使っても、悲しいほど効果がショボい。物理攻撃メインが個性だって分かっちゃいるけど、やっぱWAはマテリアル使いたいじゃん!
・ジャスティーンの石像の在り処、難しすぎ。
アリオッチ無理。
アビス無理。
・……と思ってたけど、意外とあっさりクリアできました。意外や意外、100Fまでオールエンカウントキャンセルで行けた\(≧ω≦)/



ごくごくオーソドックスなRPG作品なので、充分楽しませてもらいましたし、作品として綺麗にまとまっているのですが、評価が1&2に劣ってしまう理由は、前2作ほど突き抜けた部分がないという点に尽きます。
3は確かにパンチ不足な面があって、用意した素材はいいのに活かしきれていない印象があるのですが、その最もたる例が、キャラとしては凄まじく立っているのに、本編への重大な関わりを持たないジェイナスやマヤの存在だったように思えます。
このあたりの素材ががっちり組みあがっていたら、最高傑作になるはずだったのではないかと、その点は少々惜しく感じられます。



ネタバレ感想は、続きから。


[READ MORE...]
テニスの王子様 Love of Prince -Bitter-(PS2)
2009年04月06日 (月) | 編集 |
テニスの王子様 Love of Prince Bitterテニスの王子様 Love of Prince Bitter
PlayStation2(2004/02/12)
商品詳細を見る

新感覚の極み
<ミュージッククリップゲームらしいよ>
・全体評価  
・お気に入り度


このソフトのことをすっかり忘れていました。
公式アナウンスでのカテゴリは「ミュージッククリップゲーム」
一体何のことやらという感じですが、おそらくそれが最も適切な説明。

黙々とテニスをするキャラのBGMとして流れるキャラソン。
ある種シュールな光景が延々と続きますが、それこそがこのゲームの真骨頂。そして言い換えれば、それがすべて。
めくるめく異次元にプレイヤーを誘ってくれる空間転移ソフトです。

そんなわけでこのラブプリは、キャラソンをBGMにしながら、任意キャラが試合をしている姿を眺めるだけのソフト。本当にそれだけであり、プレイヤーができることは、キャラ選択時にプレイする簡単な神経衰弱のみ。
ゲーム内素材は言うまでもなく、Smash Hitシリーズからの流用です。
このシリーズは「キスプリ」または「ラブプリ」と呼ぶらしいのですが、この企画考えた人、天才。


おそらくも何も、このソフトの存在価値は、このゲームオリジナルのキャラソンのみなのですが、総勢20名の歌が収録されているので、案外お得です。
テニプリといえば多くのキャラソンがCDでもリリースされていますが、それらに比べると、さすがに曲のクオリティは格段に劣ります。特にオケのチープさは脱力レベル。また、声優さんの歌唱力が、CD以上にはっきり出ているのも特徴といっちゃ特徴かもしれません。
まあこのへんは、制作費を考えれば致し方のないところ。


ミュージックビデオシリーズ第二段のこのソフトは「テニプリキャラからのバレンタインプレゼント」というコンセプトで「Sweet」「Bitter」の2枚が同時リリース。主人公チーム青学(+あの方)以外の登場キャラがそれぞれ異なっているようです。
バレンタインキャンペーンの一貫で、キャラレターがもらえたりもらえなかったり。


上記の通り、ゲームではないので、テニプリに興味のない人にとっては完全に無価値な一本





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。