FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DS)
2009年09月17日 (木) | 編集 |
ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
Nintendo DS(2009/07/11)
商品詳細を見る

なんだかんだで結局勝ち組
<RPG>
・全体評価  
・お気に入り度


Amazonのレビュー評価が荒れに荒れたことで話題になりましたが、蓋を開けてみれば300万本越えというバカ売れ記録を叩き出し、ドラクエ神話は健在であることを世に知らしめたドラクエシリーズの9作目。
実際プレイしてみた感想はというと、うん、面白いじゃないですか!
胸を張って言います。
この夏の思い出は、DQ9です

ついでに、携帯機のDS発となったことで、どこでもいつでも気軽にプレイすることが可能になり、おかげさまで、自分も見事にドラクエ廃人の仲間入りを果たしました。こう、据え置き機の場合は、TVの確保だとか、電源を入れてからロードするまでのもどかしい時間だとか、座位の保持だとか、その他諸々あるため、「よし!ゲームするぞ!」という意気込みが少なからず必要になり、翌日の起床時間によっては「今日は大人しく寝るか…」とゲームをあきらめてしまうこともめずらしくありませんが、その点、DSソフトの場合は、寝転がっていてもプレイできるわけなので、就寝の支度をすませて布団に入り、ちょっとだけ…と思いつつ結局朝までドラクエ、翌日地獄を見る……という不毛な毎日の繰り返しで、今年の夏は終わっていきました。
とは言っても、すれ違い通信のデータを見る限り、廃人率が高いのはいい歳こいた大人の方。まあアレだ、学校サボり事件だとかカツアゲ事件だとかドラクエが社会現象にまで発展した頃の子供が、現在のアラフォー・アラサー世代なので、そうなるのは仕方ないですよね。
……と、ドラクエチルドレンの一角を担う自分の自己弁護がすんだところで……


ドラクエもついに9作目。さて今回のストーリーはというと、もう覚えてません。
ついでに言うと、今回はパーティーキャラも3形式の「プレイヤー作成型」となるので、キャラの個性も皆無です。
ストーリー性もキャラ性も秀でているわけではないRPGの一体どこが面白いのかと言うと、それは画期的なシステム面。上手く時代に迎合したなと唸らずにはいられない一本でした。
ただ、その面白さはやはりドラクエブランドの上に成り立つ類のものであるという印象も強く残りました。理由は後述。


ストーリーはオマケにすぎず、むしろクリア後からが本領と言っても過言ではないドラクエ9。
一体クリア後に何をするのかと言えば、ただ延々と変わり映えのしない宝の地図に潜り続けるだけなのですが、何故この作業に麻薬性がひそんでいるのかというと、そこに錬金素材があるからとしか言いようがありません。
DQ9は、アイテム同士を掛け合わせて新しいアイテムを作る「錬金システム」を採用していて、RPGプレイヤーなら誰もが目を輝かせる最強装備は、この錬金でしか手に入らない仕様なのです。というか最強装備どころか、準最強装備すらも錬金アイテム。これは挑まずにはいられません。
とは言っても、宝の地図に潜れば必ず目的の錬金素材を入手できるわけではなく、レア素材入りの宝箱がある高ランクの地図を出すためには、とにかく片っ端から宝の地図をクリアしていくしかないのです。そしてやめられない止まらないのエンドレスリピート状態にまんまとハマっちゃう純朴な我々。クソッ、何もかもが製作者の手の中か!


そしてまた、今回大勝利をおさめたのは、やはりすれ違い通信だったと思う次第であります。
すれ違い通信を行うと、他のDQ9ユーザーの分身たる主人公がメッセージを携えて宿屋に宿泊してくれるばかりか、自力で出すのは到底不可能な高難易度の宝の地図を一発でもらえちゃったりします。宝の地図にしろ魔王の地図にしろ、もらう地図がことごとく半端ないレベルだった時は「この国にはどんだけドラクエ廃人がいるんだよ」我が国の将来を憂いました頼もしく思いました。
加えてWi-Fi通信もあり、この先も毎週新たなクエストやアイテムが配布される予定なのですが、クエストはともかく、このアイテムがまた、ドラクエプレイヤーの心を巧みにくすぐる憎いラインナップ。今回のパーティーはオールアバター式で、キャラメイク――もっと手っとり早く言えば着せ替えができるのですが、Wi-Fi通信では、歴代ドラクエの登場キャラが着用していた装備品が手に入るというのだから、これはマニアでなくとも絶対におさえておきたいところ!アリーナの衣装やロト装備など、ほんとに巧いんですよ、チョイスが。


で、ここで前述した「ドラクエブランドの上に成立している類のおもしろさ」という点ですが、今作の魅力に大いに貢献しているすれ違い通信――このすれ違い通信が発揮する効力というのは、DQシリーズくらいのメジャータイトルでなければ実現できなかったと思うんですよね。間違いなく。

じゃあ、このすれ違い通信を抜きにしたら、DQ9の面白さってどれくらいのもんなのかな?という疑問が自分の中に浮上してきまして……そもそもなぜそんなことを思ったかと言うと、まあまあちょっと聞いて下さいよ。



<田舎の悲劇>


日記にも書きましたが、自分が住んでいるのは田舎町。
従って、ワクワクしながらすれ違い通信を行うも、永遠に誰ともすれ違うことができなかったわけです。


これは地味にヘコみます。
たとえるなら、友達に「今日遊ぼうよ!」とノリノリでメールを送ったのに、誰からも返事が来なかった時のようなもの。

DQ9がバカ売れしてるなんて、スクエニの情報操作なんじゃ?
DQプレイヤーなんてもはや絶滅しちゃったんじゃないの?
今頃みんなモンハンやってんだろ。ああそうですか、時代はモンハンですか。時代遅れのDQを買っちまいましたよシット!


などと、やさぐれていたのですが、日帰り旅行で箱根に向かったその日、奇跡は起きた。


ロマンスカーの中でやろうとDSを持っていき、どうせ駄目だろうけど…と半ばあきらめながらもDSを起動。地元駅を出て、ターミナル駅に着いた途端、来るわ来るわ、怒涛の勢いで我がDSにすれ違い通信での来客がやってくるではないですか。
あの時の感動はプライスレス!
で、結局旅の間中、ずっとすれ違い通信やってたわけですが。
大涌谷でも、バンバンすれ違い通信に成功してたのは笑いました。はるばる硫黄のにおいが立ち昇る大涌谷に行ってまでDQに固執してる奇特な方々が自分以外にも存在しているんだなあと思うと、感慨深くてたまりませんでした。何してんだ我々ww 日本人ドラクエしすぎww
結局、一日で50人近くものすれ違いに成功し、川崎ロッカーの地図やまさゆきの地図はもちろん、高レベルのものも含めた一通りの魔王の地図も一気に揃い、今後のドラクエライフは安泰となりました。


で、話戻りますが、自分の場合はそういう経過があり、たまたま大量ゲットできたわけですが、特に大きな都市に出る予定がない場合、自分のような田舎の住人は、いつまでたってもすれ違いができなかったのではないかと。


すれ違いができない場合とできる場合の差は歴然。

1.今作は経験値が均等に割り振られないので、低レベルキャラのレベルアップが容易ではない。
  >メタルキングが出現するまさゆきの地図があれば、レベルアップもあっという間。

2.レベルが伸びないと、宝の地図の攻略に手間取り、高ランク宝箱が出現する地図を出すまでに途方もない時間を要する。
  >Sランク宝箱がある川崎ロッカーの地図でマラソンすれば、レアアイテム集めも楽々。

3.魔王の地図に至っては、新たなボスキャラの地図を入手するためには、ひたすら戦闘を繰り返し、経験値を与えて歴代ボスをレベルアップさせていかなければならない。
  >すれ違い通信なら一発でもらえる。


そんな感じで、すれ違いを行わずにオールコンプするなんて、一生かかっても無理。
そりゃもう、圧倒的な差があるのですが、なんかここまで書いて、すれ違いもできない過疎地に住んでる自分の方が少数派な気がしてきましたので、このへんで黙ります。


結論としては、ドラクエという超有名タイトルだからこそ、それこそ都市部に行けば多くのプレイヤーとすれ違うことができますが、これが他のゲームであったなら、これほどのすれ違い動員数を確保することはできなかったはず。
従って、純粋にゲーム本編だけを見た評価としては凡作止まりという印象ですが、やはり通信機能の楽しさは無視できないポイントであり、メジャータイトルであることを最大限に利用した制作側の勝利と言う他ありません。



また、巷で囁かれるネガティブポイントですが、セーブデータがひとつというのは全く気になりませんでしたし、ギャル妖精・サンディも無問題。むしろサンディが戦歴画面から一時的に消えた時は、寂しくなっちゃいました。サンディについては、よっぽどギャルにトラウマがなければクリアできると思う。
まあサンディはいいとして、確かに今回、キャバ嬢文化が必要以上に入りすぎていた気はしました。時代柄かな。
ただ、サンディがラストに言いかけた台詞。あれが気になって気になって、ネットで検索して、ネタバレを見たんです。

そして、心の底から脱力。

あー……そこだけはどうにかならなかったのかなあ。




最後に、まだまだプレイ中ではありますが、一応記念として、現在の自分のプレイデータを晒して終わりたいと思います。


プレイ時間/164時間35分
マルチプレイ時間/0時間0分
戦闘勝利回数/3969回
錬金回数/106回
獲得称号数/118回
クエストクリア数/106回
宝の地図クリア数/51回
すれ違い来客数/67人



まだまだ先輩方の廃人記録には程遠いや。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。