取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつか重なりあう未来へ(PS)
2010年01月20日 (水) | 編集 |
いつか重なりあう未来へ シロウ編
PlayStation(1999/08/26) 商品詳細を見る

いつか重なりあう未来へ サユリ編
PlayStation(1999/08/26) 商品詳細を見る

やりたい放題やったらこうなった
<育成シミュレーション>
・全体評価  
・お気に入り度


これまたドマイナーゲームの登場です。
「いつか重なり合う未来へ」は、男性主人公の「シロウ編」、女性主人公の「サユリ編」の二編から成り立つ、育成シミュレーションソフト。


この男女二人のキャラを主人公としたドマイナータイトルの恐るべきは、2枚組でも何でもなく、別ソフトとしてそれぞれを発売している点にあります。ストーリーや基本的なゲーム内容は、どちらも同一であるにも関わらず。
主人公が男と女に分かれるので、こういったジャンルではその仕様もめずらしくはないことかもしれませんが、この作品の場合、微妙に内容が薄いので、詐欺とまではいかないながらも、2枚組で十分だったのでは?と思わずにいられません。
一本5800円ですので、二本合わせると11600円という鬼の価格。じゃあなんで二本とも持ってんのよというツッコミは、お願いですからご容赦下さい。


主人公たちは、ボトムトップへの搭乗・操縦を目的とした、「ヴェクトライダーズ」と呼ばれる軍の訓練生。平たく言うと、パイロット候補生です。
基本的には、一人前のパイロットになるために様々な訓練をこなしていく育成シミュレショーンなのですが、その内容は、かなり恋愛シミュレーションに近いものとなっていて、個性豊かな他の候補生たちと、楽しい学校生活をエンジョイしていく青春モノの体系を取ってます。

……のように、基本的に本作は、どこかで聞いたことのある設定で構成されています。



ストーリーこそ何の変哲もない平凡なものなのですが、挿入されるイベントがもう完全に意味不明。

アスール(男)とラン(女)という明るくて感じのいい攻略対象キャラがいるのですが、この二人が中盤で突然、爆死します。
それまでの伏線など何もなく、本当に突然の出来事であるため、ショックを受けるというより、展開に全くついていけず、ただただ呆気に取られます。
主人公たちが一緒に出撃していたら、それなりにドラマチックな展開になったかもしれませんが、基地から爆散の煙を見上げるだけというおいてけぼりっぷり。
このプレイヤー置き去りイベントは、シロウ編サユリ編関係なく、全ルート共通イベントであり、防ぐ手立てはありません。

二人の良き級友を失った悲しみも冷めぬうちに、訓練生が補充されます。おやおや。なんだか爆死した二人と色素がおんなじなんですけど。
……もうお察しのことと思いますが、時はエヴァブームの只中。こやつらは例にもれずクローンでした。
本編中のネタバレを待つまでもなく、一目見りゃ分かるわ。


そんな感じで、人気アニメのいいとこどりをしたまではよかったものの、肝心の素材やストーリーが弱いので、詰め込みすぎた設定を有効消化しきれていない印象を受けました。掴みは良いのに、詰めが甘いというか。
とはいえ、育成シミュレーションとしては凡作であり、決して駄作ではありません。明度が高いキャラグラフィックは綺麗で見栄えが良いですし、人気声優をふんだんに配したキャスティング、そしてフルボイスなので、キャラゲーとしてはまずまずの出来。
まあ一言で言うと、決してつまらなくはないけど、これといって面白くもないゲームだと思います。




ただ、フォローすべき点があるとすれば、このゲームを作ったのは、きっと本当にアニメが好きな人たちなんだと思うんですよ!
ガンダム・エヴァ・マクロス……そういったアニメが心底大好きで、よし、じゃあこれを!じゃあこれも!と愛すべきアニメの要素を片っ端から投入して作られたゲームがコレなんだと思うんですよね。作りが甘い割には商業的なにおいが全くせず、このゲームには、制作側のそういう純粋な憧れがたくさん詰まっているようにも感じられました。
良く言えば無邪気、悪く言えば全然客観視できていないというか。
商業的な意味でのいやらしさが全く感じられないので、なんだか微笑ましい思いすら受けます。



そのように、このソフトは重度のアニオタが作っているに違いないと極左的に決め付けている自分でありますが、さすがはアニオタ制作作品だけに、他のソフトでは見られないようなマニアックな要素が散りばめられているのにも注目。

サユリ編ではイルカとのEDがあったりして、だいぶ頭がおかしいのですが、他にも、このゲームは、ガールズラブ・ボーイズラブといった描写も含んでいます。

近年でこそ知名度を得ていますが、この時代においてはまだまだ日蔭の存在であり、ましてや、規格に厳しいプレステでそのような描写を挿入することは、当時としては本当にめずらしいことでした。(18禁ソフトを出してたサターンならまだしも



シロウ編を例に挙げると、シロウの仲間に、ヴェールという年下の少年がいます。
彼はまだ子供といっていい年齢ですが、非常に優秀で、飛び級をして入隊し、以後、シロウたちと行動を共にすることになります。
このヴェール少年、とにかくピュアで、見かけもショタ系と呼ぶに相応しい存在
しかも兄を亡くしていて、シロウを兄のように慕っています。お兄ちゃん子です。ブラコンです。
こんな設定が入っている時点ですでにあやしいのですが、二人の友情度が上がると、風呂でシロウがヴェールの背中を洗うというしょーもないイベントが発生。しかもヴェール少年が「恥ずかしい」と頬を赤らめるオマケつきです。あっあー。

この時点で、確信犯的なにおいを感じていましたが、終盤に入り、その予感は決定的なものとなります。

なんとシロウが、ヴェールから告白されました。
いわゆる友情的なものではなく、これは誤魔化せないレベルでのガチ告白です。
それに対して用意された、シロウ(=プレイヤー)の選択肢は、以下。

1.「俺もだ」
2.「おまえのことは、弟のようにしか思えない」
3.「……ごめん」


一番上はいわゆる両想いEND、二番目と三番目はどちらもお断り台詞に分類されますが、下の二つのインパクトが強すぎて、両想い台詞の内容を忘れてしまいました。よって、告白受け入れの選択肢は、ウロですごめんなさい。
ヴェールを振る場合、2に対する彼のリアクションは、「そうですよね……無理言ってごめんなさい」みたいな、ちょっと寂しげな横顔を見せられました。
もっとストレートに一蹴する場合はどうか。3を選ぶと、ヴェールがわんわん泣きはじめるので、罪悪感に苛まれることになります。


それに近い雰囲気を匂わせる作品はこれまでにもあったと思いますが、男が男にはっきり告白するという内容は、当時の家庭用コンシューマ機において革命的とも言えたのです。



以上、マイナータイトルであることにも全力で頷ける「いつか重なり合う未来へ」でした。
つか、ひとつ言わせてもらえば、ショタよりツンデレの方が需要があると思うわけで。だからやっぱりツメが甘いわけで。
このゲーム最大のモエ担当、それはクローン体であることに苦悩し、ラストでそれまでの不遜な態度が嘘のように泣きじゃくるブラウ、これ一択!




スポンサーサイト

無双再開
2010年01月20日 (水) | 編集 |
貸し出していたWiiが戻ってきたので、戦国無双3を再開してます。
それにしても、Wiiリモコン電池切れるの早すぎじゃないですか?\(`0´)/
充電式電池使ってるけど、一か月持たないんですが…
PS3のように充電しながら使用できないので、いきなり電池切れになった日にはイライラします。どうにかならないのかこれ……

ところで、がっくんの「斬」をBGMにプレイできる今回の仕様は最高にいいですね!
こればっかりはBASARAからの逆輸入に感謝。
なんで謙信クリアで解放なんだろ?と思ったら、大河ネタか……!!

演武の方は、残り6人となりました。
ストックしてる石がカンストしそうなので、勿体なくて全員ステージ4で止めているので、そこから先に進みません…。仕方ないので、放置していた村雨城を開始。おもしろくなさすぎて笑ったw まあ松風出すまで頑張ります。


今回は、苦戦に苦戦を重ねた女性陣のプレイ記を。



[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。