FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無双再開
2010年01月20日 (水) | 編集 |
貸し出していたWiiが戻ってきたので、戦国無双3を再開してます。
それにしても、Wiiリモコン電池切れるの早すぎじゃないですか?\(`0´)/
充電式電池使ってるけど、一か月持たないんですが…
PS3のように充電しながら使用できないので、いきなり電池切れになった日にはイライラします。どうにかならないのかこれ……

ところで、がっくんの「斬」をBGMにプレイできる今回の仕様は最高にいいですね!
こればっかりはBASARAからの逆輸入に感謝。
なんで謙信クリアで解放なんだろ?と思ったら、大河ネタか……!!

演武の方は、残り6人となりました。
ストックしてる石がカンストしそうなので、勿体なくて全員ステージ4で止めているので、そこから先に進みません…。仕方ないので、放置していた村雨城を開始。おもしろくなさすぎて笑ったw まあ松風出すまで頑張ります。


今回は、苦戦に苦戦を重ねた女性陣のプレイ記を。



◆甲斐姫

ビジュアルはかつてないほど完璧な新キャラなので、どんなもんかと使ってみたら、いい意味でイメージを裏切られました。
まあなんといっても、最大のミスマッチはあのドスい声なわけで、最初使った時の衝撃と言ったらなかったです。大阪のおばちゃんみたいだw ルックスは文句のつけ所がないほどの完璧美女なのにw
ただ慣れてくると、あの声がヤミツキになり、もうあのドスい声じゃなければ満足できないほどになってしまいました。基本はミーハー女子高生キャラだけど、所々で物凄く男前。惚れる。甲斐といえば、政宗とのやりとりが笑えました。「私はやるよ。あんたはどう?」「わしだってやってやるわ!」みたいなあのやりとり。政宗ww 外見は成長しても中身は子供ww

で、見かけによらず、明朗快活なキャラだったので、プレイは順調に進んでいたのですが、最終ステージで地獄を見ました。
ただでさえ厳しい大阪で、敗北条件が「真田幸村・くのいち・豊臣秀頼」の三人もいるなんて、もう反則の域。
敗北条件は秀頼と幸村だけだと信じて疑わず、確認もせずにスタートし、呑気にいつも通り進めていたら、あっという間にくのいちに苦戦救援メッセージが。「ええっΣ(・Д・;)もしかしてくのいちも敗北条件!?」と慌てて手綱を返すも、その10秒後にくのいちに敗走されました。一瞬の出来事にもほどが。こっちは何が起きたのか分からずにポカーンです。よくよく見てみたら、くのいちのところに敵武将が6人くらい殺到してたみたいです。そりゃひとたまりもないわな……。だけど救援メッセージ遅すぎだから!



◆くのいち

まさかの復活にもビックリでしたが、幸村に片想いというストーリーにもビックリでした。まあまあ、甲斐姫とのコンビが可愛くて、これはこれで良かったんじゃないかなーなんて思います。
甲斐姫とはシナリオの大筋も大体一緒であるためか、最終ステージはやはり地獄の大坂。そんでもって案の定、敗北条件は甲斐姫と全く一緒で、見た瞬間、空を仰ぎました。

甲斐姫の時に一度やったから、今度は大丈夫だろうとタカをくくっていたら、くのいちは忍者ロードを駆使してステージ攻略しなければならないので、進軍ルートが全然違う!Σ(・Д・;) 
敵武将を放置しておくと後々危険なので、とりあえず通りすがりに潰しつつ進軍していると、早速甲斐姫に苦戦メッセージが。地道に敵武将を駆逐していた甲斐あって、駆けつけるまで耐えてくれましたが、そうこうしているうちに、幸村が敵本陣に単騎突撃。
……いい加減にしろよおまえら。
ここで甲斐姫を放置すると確実に死ねるので、大急ぎで甲斐姫周りを掃除してから、幸村のあとを追いかけましたが、時遅く、政宗が幸村に接触した途端、あっという間に敗北の文字が。もうイヤだ!大坂はもうイヤだ!!



◆ねね

今回は随分、半蔵との絡みがあるんですね。なんか不倫みたいで、見てはいけないものを見てしまった思い……。
そんなねねも、最終ステージの小田原で大苦戦。
敗北条件は普通に秀吉だと思い、ここでも確認せずに戦闘開始。鷹で空中散歩できるなんて楽しいな~と余裕ぶっこいていたら、「加藤清正苦戦中!至急救援せよ!」 ……ん? なんのこと?
……結果はご存知の通り、その10秒後に清正に敗走され、ゲームオーバー。相変わらず何が起こったのか分かりません。

ちょっと忘れかけているのですが、「三馬鹿それぞれと接触せよ」みたいなミッションありませんでしたっけ? で、そのミッションのあとに三成に苦戦メッセージが出て、これまたあっという間に敗走していったのですが、そういうこともあり、まさか敗北条件に秀吉以外が含まれているなんて思ってもみなかったというか。で、もう一度ステージに入ってみたら、敗北条件が「秀吉・清正・正則の敗走」であることを確認。うへえ。また3人もいるのかよ。
総大将秀吉はまだしも、正則と清正はそれぞれ勝手に進軍してしまうので、おまえらホントいい加減にしてくれよ。



◆立花千代

そんなわけで、上3人の攻略に手間取り、コリャ駄目だと黙々とレベル上げをするかたわら、千代開始。
うわーもうあっという間にクリアできて涙が出ました。
今回は丸ごと奥方ストーリーで昼メロを見ているようでした。悪い意味じゃなく。



◆稲姫
ラストは稲ちんです。姫武者という言葉が一番似合う稲姫は、今回も爽やかの一言。くのいちに幸村との関係を揶揄されていた時は「あやしい…」とちょっと思いましたが、最強親父と夫とのやりとりが結構笑えたりもしました。
稲は普通に強くて、こちらもサクサクと進み、苦労なくクリアを迎えました。幸村がどこかで生きていると思わせるような希望の残るエンディングは、大変稲姫らしくて、心が洗われました。幸村はきっと死んでしまっているのだろうけれど、彼女らしい健やかさが良かった。




まーとにかく、甲斐・くのいち・ねねに泣かされた無双女性陣演武でした。
結局早々にあきらめ、模擬でレベルを30台に持っていくことで、それぞれの最終ステージをクリアしましたが、こりゃもーユニーク取れる気がしないや。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。