FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE KING OF FIGHTERS '95(PS)
2008年09月10日 (水) | 編集 |
ザキングオブファイターズ95ザキングオブファイターズ95
PlayStation(1996/06/28)
商品詳細を見る

時代が生んだ豪華共演集
<格闘>
・全体評価  
・お気に入り度

SNKの様々な人気タイトルシリーズから出張してきたキャラが一同に介するお祭りソフト、KOFシリーズの二作目にて、KOF独自の人気を獲得した記念すべき一本。この後、KOFシリーズはその人気を不動のものとし、長寿シリーズとして現在もリリースされています。
ところで、自分が持っているソフトは、上の画像とパッケージ絵が明らかに異なるのですが、Why?

この’95は、KOFシリーズの中でも一番ハマった思い出のソフト。とにかく毎日やってました。バーチャスティックを持っていたので、格ゲーは専らサターンの方で集めていたのですが、何故かKOF’95はプレステ版で購入。当時のPSコントローラーはアナログスティックなどなく、硬い十字キーのみだったので、おかげで手に血豆ができました。
とにかく、どのくらいの時間を注ぎ込んだのかも分からないくらいやり込んだ覚えがあります。’94は未プレイだったので、新鮮味は抜群。しかも有名タイトルの主人公たちが揃っているわけですから、どのキャラも魅力的で、なおかつ、八神庵をはじめとした新キャラの面白さも際立っていた、この’95。シリーズの主人公格でもある草薙京に、強烈な個性を持ったライバルも誕生し、これで盛り上がらなかったら嘘です。そのくらい、’95は輝きを放っていたゲームでした。

自分は京と舞の2人を使用していましたが、今思うと、どちらも飛び道具や必殺技のコマンドが同じなので、初心者向けで使いやすかったんだと思います(笑)。餓狼ではアンディが好きだったのですが、KOFではテリーの方をよく使っていたような気がします。とにかく、どのキャラを使っても楽しく、充実感もボリュームも言うことなし。そういえば、友人との間で、庵の真似が流行ってたなあ。イラストレーターさんの画集も買っちゃったなあ。

この頃を境に、以後めっきり格ゲーをやらなくなってしまったのですが、このソフトさえあれば自分は満足だったのかもしれません。それほどまでにハマった一本でした。

今思うと、アテナのステージは彼女の歌う曲(?)が流れ、EDでも彼女のアイドルソングが流れ…と、色々遊び心も詰まっていたように思えます。アテナといえば、テレ東の深夜でグタグダなドラマ化していましたが、あれは一体何だったんだろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。