FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンジェリークSpecial(PS)
2009年01月08日 (木) | 編集 |
コーエー定番シリーズ アンジェリークSpecialアンジェリークSpecial
PlayStation(2001/03/08)
商品詳細を見る

理不尽な守護聖たち
<恋愛シミュレーション>
・全体評価  
・お気に入り度

これを書かないわけにはいかないでしょう。
SFCでリリースされた同タイトルをバージョンアップしたものがこちら。今更説明不要、KOEIが生み出した乙女ゲーの走り、アンジェリークシリーズの第一弾。


今となっては定番カテゴリとなった乙女ゲーですが、パイオニア的存在であるアンジェリークの優れている点は、色々と割り切って作られているところではないでしょうか。主人公アンジェリークは昭和時代の少女漫画に出てくるヒロインに勝るとも劣らない夢みる少女ですし、そんな主人公の周りを固める、逆ハーレム要員である守護聖は、揃いも揃ってイケメンな上、歯の浮くような台詞を連発。挿入されるムービーでは、そんな守護聖がキラキラと眩しい光を放ち、その立ち振る舞いは舞踏会を思わせるほど。
全てがコッテコテの乙女路線。リアリティなど皆無。見るもの触れるものが、完全ファンタジーの世界。
この徹底された世界観が、アンジェリークの上手いところだと思います。ここまでやられると、プレイヤーも色々と割り切れます。

主人公アンジェリークには、これまた絵に描いたような高飛車お嬢様キャラのロザリアというライバルがいますが、最初は主人公に対して冷たい態度を取り続ける彼女とも和解し、女の友情を築けちゃうとこなんかも、まさに古き良き少女漫画の定番そのもの。
実際、冴えない女の子が、ある日突然女王候補に選ばれたり、容姿端麗でなおかつ身分もある守護聖たちとラブラブしたり、あまつさえそいつらを五股くらいにかけて弄ぶことなどは、普通ありえないのですが、逆に開き直って、徹底的に現実性を排除して作られているので、心置きなくファンタジー世界を堪能することが可能となっています。
ゲームの目的は、平たく言うと、ピュアに見せかけた小娘が、男たちをこましつつ、ライバルを蹴落として女王となる、もしくは使命放棄して男に走るというものですが、その過程はキラッキラな輝きに包まれているのです。素敵。


仲良くなるとこれでもかというくらい協力してくれ、にこにこと愛想良く接してくれる守護聖様ですが、逆に、ライバルであるロザリオと親密になった守護聖様は、こちらに対して妨害工作をしてくるばかりか、主人公に対しても冷たい態度を取るようになります。この世界を守護するべき彼らがそんなことでいいのかと、一抹の不安を覚えるのですが、それもご愛嬌。
もうひとつ、アンジェリークの面白い部分は、守護聖同士にも相性が設定されている点。守護聖様が気に食わない奴と仲良くしていると、ちくちく嫌味を言われるわけですね。やっぱり守護聖様方には多大な問題があると思うんですけど、最初に恋愛ENDを向かえたのは、光のジュリアス様でした。

個人的には、ランディが一番気に入っていたのですが、何故か彼とのエンディングを拝むことができず、いつか見ようと思って、友人にソフトを返却したのち、ソフト同梱の「スペシャルボックス」なるものを改めて購入したんですけど。
このスペシャルボックスの内容がどんなものかというと、ペンやミニノートといったスペシャル☆文房具をはじめ、スペシャル☆ジグソーパズルなどがセットになっています。ジクソーパズルて。
どうしていいのか分からないので、押入れの奥深くに仕舞い込んだこのスペシャルボックス、今頃どうなっているのかなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。