取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルーフォレスト物語 ~風の封印~(PS)
2009年01月15日 (木) | 編集 |
ブルーフォレスト物語 風の封印ブルーフォレスト物語 風の封印
PlayStation(1996/12/06)
商品詳細を見る

RPG風とりかへばや物語
<RPG>
・全体評価  
・お気に入り度

元々はTRPGだったようですが、こちらはごくオーソドックスなRPGゲーム。
3DOというドマイナー機(失礼)でも発売されています。

当時の自分は、ゲームバブルの真っ只中にあり、狂ったように次から次へとゲームを購入しては猿のようにプレイしていた時期でもありまして、そんな折、ゲームショップで見かけたこのソフトに興味を引かれ、即刻お買い上げ。
RPGといえば「剣と魔法」をモチーフにした西洋風味が定番となりますが、本作はアジアンテイスト溢れる世界観を持ちます。ロードが頻繁に入る点は若干気になりましたが、システムを含め、そこまでストレスになる要素はなく、派手さはないものの、RPGとしては安定感した作りになっています。


このゲームの大きな特色は、以下の3つ。

■W主人公システム
主人公は2名存在し、男主人公ヴァルエルスのストーリー、女主人公ラクジットのストーリーが、一本のソフトで楽しめる点はお買い得。主となるストーリーは同一であるため、ザッピング的な観点から楽しむこともできます。
系統的には、主人公の冒険ものではなく、二人の主人公たちが皮肉な運命に立ち向かっていく類の物語となります。

魔族である女主人公ラクジットは、亡き母のように魔族として優秀な存在になろうと日々ストイックに励んでいるものの、いつまで経ってもその努力が実る兆しはなく、反対に、人間の村で暮らす平凡な少年である男主人公ヴァルエルスは、とある事件に巻き込まれた際に人智を超えた力を発現してしまい、周囲の人間から畏怖の目で見られるように。
ストーリーの進行に伴い、二人の出生が取り違えられていたことが判明、ラクジットは人間で、ヴァルエルスこそが魔族の者であったのですが、なんというか、本人がどんなに頑張ろうと、そりゃ周りから浮いちゃうよねという感じです。
とはいえ、周囲から見れば異質な存在である二人のまわりにもそれぞれ理解者が存在し、心強い仲間となって共に戦ってくれます。この世界での「魔族」は、人間より強い力を持ってはいるものの、他のRPGに登場する残虐で横暴な性質のそれとは異なり、理知的で聡明。魔族の青年エルベトーンなどは、ラクジットに求愛してましたし。(そしてあんなに献身的に彼女を支えているのに、まるで相手にされていないというこの不憫さ……)(美形なのに)
対照的に、ヴァルエルスの方は割りと不幸の連続だった印象があり、魔族パワーを発揮してしまったことにより故郷の村では村八分にされ、親友ハールーシャは自分のせいであやしげな宗教に入ったばかりか、結局敵として戦う羽目になり、実の父親とは殺し合いをすることになり……その運命は過酷の一言。
ただ、あまり悲惨さがないところが、この作品のいいところではないでしょうか。どこかに必ず救いが用意されているというか。


■性格選択システム
これも面白い試み。
序盤において、主人公の行動を選択することで、主人公の性格付け・グラフィックが変化。男主人公ヴァルエルスを例にとると、どこか卑屈で影のある少年にすることも、魔族要素全開の凶暴な少年にすることも可能です。


■マルチエンディングシステム
本作一番の特色がこちら。ED数はかなり豊富で、容易にはコンプリート不可能。
ただ、惜しむらくは、分岐点が分かりづらく、再プレイしてもかなりの確率で同じEDに辿りついてしまうこと。自分も当初は全ED制覇を目指してプレイしていましたが、3回同じEDを見た時、さすがに気持ちが挫けてしまいました。
RPGとしては決して長編作ではありませんが、だからといってADVのように1~2日でクリアできる短さでもないので、頑張ってクリアした挙句に同じEDを見せられた日にはガックリです。
ネット攻略の恩恵を受けられる今日であれば、他愛のない障害であったかもしれません。しかし、RPGでEDが10本以上あるのは少々厳しく、そこまで時間と労力をかけるのは、当時学生だった自分にも難しいことでした。
せめてストーリーにもう少し変化があればおのずとやる気も出たのでしょうが、基本的に大筋は変わらず、だからこそ6本くらいのEDを見たことで、「もういいかな……」とある意味、満足してしまいました。


残りのEDは今でも気になるところなのですが、山越えの最中に武器を切らして涙目になったり、木偶人形相手に経験値上げをしたのもいい思い出です。
正直に言ってしまえば、大作と呼ぶには程遠く、どちらかというと小粒な出来ですが、消費ゲームとして片付けてしまうにはあまりに惜しい、不思議な個性と魅力を持った作品だと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。