FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロジェクトハッカー 覚醒(DS)
2009年12月31日 (木) | 編集 |
プロジェクトハッカー 覚醒プロジェクトハッカー 覚醒
Nintendo DS(2006/07/13)
商品詳細を見る

どうしてこうなった
<アドベンチャー>
・全体評価  
・お気に入り度


中古ゲームショップで新品同様にも関わらず、500円で叩き売られていた時点で、何をか言わんや。覚悟の上で購入したので特段の不満はありませんが、何をどうしたらこうなってしまうのかまるで理解できないところが、このゲーム最大の特徴であると言えます。
ついでに、販売元は天下の任天堂です。

タイトルの通りこのプロジェクトハッカーは、平凡な大学生がハッカーとしての腕を買われてGIS入りし、電脳犯罪者たちの野望を阻んでいくストーリー。全体的な構成は逆転裁判の二番煎じと考えてもらって支障ありませんが、もちろんハッカーならではの要素も数多く用意されています。


ゲーム内におけるIT捜査の方法ですが、まずは容疑者のお宅にお邪魔することから始まります。そして、あの手この手で容疑者の目を逸らし、隙を突いて彼らのパソコンにログインするためのパスワードを探し出すのです。
ハッカーと銘打ってる割に随分とアナログな作業をさせるもんだなオイと突っ込みたくもなりますが、実はこのログインパスワード探しがなかなかの手ごたえ。
ゲーム中に用意されたホームページを巡り、容疑者の興味がありそうなワードをピックアップ、それをパソコンに打ち込んでログインするという作りになっています。たとえば、容疑者の趣味が天体観察だとしたら、星を扱うホームページにアクセスし、ページ内に記載されている幾つかのあやしいキーワードを抽出するわけです。手書きメモ機能も搭載されているので、拾ったキーワードはタッチペンでメモれば保存OK。利便性にも優れています。
容疑者の趣味をどうやって知るのかという点については、誰が見ても一目で気づくくらいの証拠が部屋の中に鎮座していたりするものですから、もう楽勝もいいところ。中には容疑者が直接立ち上げているサイトもあり、よくよく考えればウカツの一言です。
このゲーム内の擬似ホームページは、ダミー分も含めて数多く用意され、また、ゲームの進行に従って更新されることもあるので、なかなか面白い作りであったと思います。
しかし、評価できるのはここまででした。



無事容疑者のパソコンにログインし、さあいよいよクライマックス。ハッカーの見せ場到来です。
どんなハッキングが待ち受けているんだろう!
ここからが最大の盛り上がりどころだぞー!


『高速でアタックしてくるウイルスを、タッチペンを使って駆除しよう!』


……待ち受けていたのは、アクションゲームでした。

どうしてそうなる( 'A`)
 

このプロジェクトハッカーというゲームのカテゴリは、アドベンチャーです。にも関わらず、一番の山場となるハッキングの方法を、なんと純正アクションで表現しているのです。逆転裁判をプレイしていたはずが、急にゼビウスになっていた。たぶんそのくらいの超展開です。
この気持ちを理解してもらえるでしょうか。緊張感や焦燥感にさらされるのが嫌で、まったり楽しめるADVをわざわざ選んだのに、クライマックスでアクションゲーを強制的にやらされるという、この絶望的な気持ちを。ゴールは目の前に見えているのに、辿りつけない。その苛立ちを。
しかもこのアクション仕立てのミニゲーム、何気に難易度が高くてですね、アクションが苦手だとまずクリアできません。このミニゲームを突破しなければ物語を進めることができないので、詰まった時点でジエンド。出来る人は一発でクリア可能だろうし、駄目な人は何度トライしても無理でしょう。アクションは得手不得手がハッキリしてるんだから、取り扱いが難しいとあれほど(ry


そんなこんなで、肝心要となるハッキング戦が壊滅的に駄目すぎるこのプロジェクトハッカー。
フォローの余地がありません。
ついでに、ビジュアルはとても洗練されていて美麗なのに、キャラクターの魅力が全くなく、何をどうしたらこうなってしまうのかを逆に問いたい。

いいもの持ってるのに、自ら全部駄目にしているとしか思えない謎ゲー、プロジェクトハッカーでした。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/05/11(水) 22:28:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。