FC2ブログ
取扱ゲームは、オールネタバレです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鋼鉄霊域 スティールダム(PS)
2009年12月30日 (水) | 編集 |
steel.jpg鋼鉄霊城 スティールダム
PlayStation(1996/08/30)
商品詳細を見る

ターゲット層不明
<アクション>
・全体評価  
・お気に入り度


久しぶりに、なんで買っちゃったんだろうソフトのお出ましです。
当時の自分はゲームバブルの真っ最中におり、サタマガで大々的に特集されていたバーチャロンを見て、3Dシューティングに憧れを抱きました。シューティングってあんまりやったことないから、買ってみようかな。面白そうだな。――と。
そこで大人しくバーチャロン買っておきゃよかったものの、実際に購入したのは何故かプレステのスティールダムでした。この現象はミステリーという他ありません。

で、今だからこそ自分はシューティングに向いていないことを認識できるようになったものですが、あまりゲームに触れたことのなかったあの頃は、その事実を知る術もなく、まんまとこのソフトをお買い上げしてしまったわけです。新品価格で。
いざプレイしてみた結果は、押して知るべしといったところ。
そもそも、ファミコンのグラディウスとゼビウスしか遊んだことのない人間が、いきなり3Dシューティングに手を出すことの方が無謀な行為であったと言わざるを得ません。


あー書いててだんだん思い出してきた。
メジャータイトルだったバーチャロンではなく、このドマイナー作品を買ってしまったのは、ひとえに取っつきやすさのおかげだったように思います。マシン対戦だったバーチャロンに対し、このスティールダムは生身の人間が搭乗して戦うというゲームデザインだったので、キャラクターが存在する分、敷居が低く思えたんですよね。
ところがどっこい、蓋を開けてみれば鬼の難易度だったわけで。
手に取りやすいキャラクターデザインでライトユーザーを釣っておきながらのこの仕打ち。
とりあえず何度挑戦しても、自分は第3ステージまでしか辿りつけませんでした。

この作り込みの甘さは、サードパーティーが苦戦に苦戦を重ねてる昨今ではリリース不可のレベル。色んな意味で、ゲーム業界がバブル真っ只中にあったからこそ発売できた、古き良き時代の冒険作品だったと思います。


とはいえ、キャラクターは今でも鮮明に覚えていて、主に使っていた是雷と蒼馬の二人に限っては、台詞まで覚えていたりします。「鋼の心、いまだ遠し…」
今考えてみると、全体的にサムライトルーパーみたいな雰囲気だったな……



ところで、このレビューを書くために調べていて、サターン版は「鋼鉄霊」、プレステ版は「鋼鉄霊」と、微妙にタイトル名が異なっていることを初めて知りました。心底どうでもいい違いだなと思いはするものの、自分が持っているプレステ版も「鋼鉄霊」だったような。
こうしてまたひとつミステリーが増えてしまったわけですが、真相をご存知の方はぜひご連絡下さい。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
当時KAIの声をあてた者です。鋼鉄霊域の方が正解ですよ。
2010/11/25(木) 06:57:23 | URL | #-[ 編集]
えええええっ!!!!! よもやプロの声優さんがこのブログにご降臨される日がくるとは…!心底ビックリしましたが、わざわざコメント下さいましてありがとうございます。ネットってすごいです…

そうと聞いては大人しくしておれず、スティールダムを引っ張り出してきて、早速プレイしてみました。
こうして改めてプレイすると当時よりも面白く感じられる…どころか、正直に言うとかなり没頭してしまいました。イージーモードでも難易度がきつく感じられる点は、当時と何ら変わりありませんでしたが…(笑)
オープニングデモとか普通にかっこいいですね!あと、無限コンティニューの裏技があるようなので、当時知っていたら、もっとやり込めたのに…等々、実に15年ぶり(そんな経っていたのか…とまたまたビックリです…)にプレイしましたが、お蔭様で面白く遊ばせて頂きました。

さっそく魁でプレイしましたが、声優さんすごいです…!孫悟空チックで明るく元気な魁は使っていて爽快で、何より戦闘後のメッセージ読み上げが楽しみでした。
必殺技の獄握襲の追い討ち攻撃のコマンドが割りと長く、当時より歳をとって錆び付いた頭と反射神経ではとても追いつきませんでしたが…(T_T)
オプションのサウンドテストでも、魁ボイスを堪能させて頂きました♪

そしてやっぱり、タイトルは「霊域」が正解でしたか!
「霊城」は単にAmazonの誤植なのでしょうか?
よくよく取説を見てみると、「鋼鉄霊域」と書いて「スティールダム」と読ませているのですね。何はともあれ、謎が解けてよかったです!スッキリしました!

このたびは、辺境のブログにお立ち寄り下さったばかりか、わざわざ真相まで教えて下さいまして、ありがとうございました。
2010/12/02(木) 19:21:07 | URL | 草壁淳子 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。